初心者主婦の投資と子育て

知識ゼロの投資初心者主婦が、2017年2月に投資の勉強を始めました。0歳の娘を育てながら不労所得を得るのが目標です。勉強した内容や、投資の記録、その他生活の中のお金に関することなどを綴ります。2017年3月から始めた就職活動の経過も記します。

外貨MMF 投資

外貨MMFの基礎知識

投稿日:2017年2月17日 更新日:

資産を円だけで保有することのリスクを回避するために外貨は持っておきたいところですが、海外投資は外貨預金、FXなど様々な方法があります。今回は海外投資の中でもローリスクの割にリターンが大きい外貨MMFについてまとめました。

外貨MMFとは

外貨MMF(Money Management Fund)とは、外貨で運用する公社債投信です。公社債投信は国債や地方債などで運用する投資信託で、株式は組み入れません。安全性の高い国債や優良企業の社債などで運用されるため、ローリスクであるのが特徴です。投資先が債務不履行に陥らない限り、外貨ベースで元本割れするリスクはありません。
なお、外貨MMFには為替差益が非課税という大きなメリットがありましたが、2016年より課税対象になりました。

外貨MMFのリターン

外貨MMFのリターンは、次の2つです。

【分配金】
MMFの運用利益は分配金として投資家に還元されます。分配金をそのまま元本に加えることで複利効果を得ることができます。
【売却益】
売却益は、買った価格よりも高い価格で売ることで得られる利益です。MMFの価格は1日1回変動し、いつでも売ることができます。

外貨MMFのリスク

外貨MMFの主なリスクは次の3つです。

【為替リスク】
為替レートの変動によって価格が変動するリスクがあります。
【価格変動リスク】
外貨MMFは市場で売買されており価格が変動しているため、売却した際に価格が下がっていると損失が発生するリスクがあります。
【信用リスク】
組み入れられた債権の発行体が、財政難や破たんなどによって、利息や元本の支払いができなくなるリスクがあります。

外貨MMFのメリット

続いて外貨MMFのメリットについてみていきます。

安全性が高い

上記でも述べましたが、外貨MMFの投資対象は安全性の高い国債や優良企業の社債なので、安全性が高いことが魅力です。もちろん外貨での運用のため為替レートによっては為替差損が発生しますが、外貨ベースでの元本割れのリスクは非常に低いです。

為替手数料が安い

外貨MMFの為替手数料は、外貨預金の5分の1から半額程度です。

利回りが高め

外貨MMFは外貨預金に比べて利回りが高めです。ローリスクでありながら比較的利回りが高い点が魅力です。

分別保管で資産が守られる

外貨預金は預金保険制度の対象外のため、預け先の銀行が破たんしても預けている資金は保護されません。一方外貨MMFは分別保管の対象のため、万が一預け先が破たんしても資金は守られます。

※分別保管とは、預け先の証券会社などが会社所有の資産と顧客の資産を分別して保管することで、万が一預け先が破たんした場合でも顧客の資産が守られます。

自由に引き出しが可能

外貨MMFは、満期のある債券などに比べ、好きなタイミングで自由に解約できます。

外貨MMFのデメリット

外貨MMFのデメリットは次の2点です。

外貨での引き出しは不可

外貨MMFは、外貨として引き出すことはできません。口座から引き出す際に円に換金されるため、外貨にするにはその後両替する必要があります。

FXよりも為替手数料が高い

外貨MMFの為替手数料は外貨預金と比較すると安いですが、FXの方がさらに為替手数料は安くなります。

外貨MMFを外貨のストックとして活用する

外貨MMFを外貨のストックとして活用することもできます。
例えば、円高のときに外貨MMFを購入し、そこに外貨で資金を貯めておくと、外国株や外国債券など、他の海外投資商品を貯めておいた外貨で購入することで、両替しないですむため為替手数料が発生しません。また、その海外投資商品で売却益、配当金、償還金などの利益が発生した場合に円高になっても、外貨MMF内にプールする(円に換金しない)ことで為替差損を回避できます。プールしておいた外貨は円安のときに円に戻すことができます。

まとめ

外貨MMFは、ローリスクでありながら比較的高い利回りを期待でき、外貨預金よりも手数料が安いため、資産の一部を外貨で保有したい場合は、外貨預金よりもメリットが大きいです。目立ったデメリットも特になく、初心者でも手を出しやすい金融商品だと思います。ただ、FXと比較すると利回りや手数料の面で劣るため、為替差益が非課税というメリットがなくなった外貨MMF(NISAも対象外)よりもFXの方がよさそうです。

-外貨MMF, 投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外貨預金の仕組みとメリット・デメリット

銀行などで外貨預金を勧められることがよくありますが、外貨預金は本当に賢い運用方法なのでしょうか。営業を受けていると今すぐ外貨預金を始めないと、という気になりますが、勧められるままに始める前に仕組みやメ …

no image

分散投資の主な手法

「投資」というとお金を失うリスクが大きいという漠然としたイメージがあり、これまで敬遠してきました。持っている株が大暴落した結果全てを失ってお先真っ暗…というようなイメージがあるからだと思います。こうい …

no image

NISA口座(SBI証券・楽天証券・マネックス証券)比較

NISA口座を開設するに当たり、重要なのがどこで口座を作るかです。私はNISAで海外ETFをやってみたいと思っているので、NISA口座で海外ETFの取引ができるネット証券会社のSBI証券、楽天証券、マ …

no image

米国株式に投資する海外ETF比較

先日は先進国全体に投資できるETFと新興国に投資できるETFについてまとめましたが、今回は米国株式に投資できる海外ETFを比較していきたいと思います。 米国株式に投資する海外ETF比較 SBI証券で購 …

no image

ETFの銘柄の選び方

NISA口座を開設する証券会社を決めましたが、次に大事なのが何を買うかということです。ETFは種類が多く、初心者にはどれを選べばいいのかまったくわかりません。今回は、ETF選びの足掛かりにするため、E …


2016年に出産し、現在0歳児子育て中の主婦です。元クレジットカード会社勤務。
投資についての知識はありませんが、子育てしながら不労所得を得るためにちびちび勉強することにしました。
早く一人前の主婦投資家になれるように頑張ります。